不動産の契約の準備はこうしよう

不動産といえば、住宅の購入などをイメージされる方もいらっしゃいますが、それ以上に賃貸も多いでしょう。
昨今の賃貸は敷金や礼金が安くなっているものが多く私たちにとって便利なものが多数あります。
しかしその分審査が厳しいということがありますが、その審査を超えた時の喜びはひとしおでしょう。
しかし、それで終わりというわけではなくしっかりと準備をしておくことがいくつかあります。
そこで今回はそれらを紹介していこうと思います。
まず、審査が終わり次第契約に必要な書類をしっかりと用意します。
主に住民票や印鑑証明ですが、これは大抵は3か月以内に発行したものとしているケースが多いので、取り置きができないので注意したいところです。
契約時に必要な書類は、前述のものに加えて収入を証明するものが必要になります。
やはり収入がわからないと、貸すのは不安なのでこれは当然です。
具体的には、勤務先の会社が年1回発行する源泉徴収票や確定申込書のコピーが重要でしょう。
そして次に大切になるのがお金です。
例えば家賃がひと月60000円ならば、60000円を用意すれば終わりというわけではなく、これに加えて敷金や礼金仲介手数料、保証料、火災保険が必要になります。
敷金礼金は1か月分で、仲介手数料は0.5か月分が基本になっていますが、具体的な額は申し込みの時にしっかりと確認しておくことが望ましいでしょう。
また、たいていの場合は連帯保証人が必要なケースが多いので、もしも必要だというならば親や親戚にお願いすることが重要です。
その際には、連帯保証人の同意書をもらっておきましょう。
しかし昨今は、中々保証人になってくれないケースがあります。
それを救済するシステムが、保証会社利用という物です。
これは入居者が保証料を支払うことで、万が一支払いの滞納があっても、保証会社が代行して支払い滞納を防ぐという物です。
連帯保証人の条件が厳しい場合は活用しておきたいものです。
昨今「敷金・礼金0」という触れ込みのものはほぼこのケースだと思っておきましょう。
また、契約書は前もって精読しましょう。
かなり量が多いですが、疑問点を見つけてわからない事はしっかりと確認しておかないと後々後悔することだってあり得ます。
この様に、不動産の契約が終われば準備することは多数あります。
やはり自分の生活の拠点になりますからしっかりと計画を立てておきたいものですね。
円滑な契約とその準備を行って、新しい生活を始めていきましょう。

不動産の契約の準備はこうしよう はコメントを受け付けていません。