不動産の購入や賃貸契約を締結したら引っ越し会社の手配を

マイホームを購入したり、新築の住宅が完成した場合や、賃貸住宅への入居が決まったら引っ越し会社の手配が必要になります。
まずはいつ引っ越すのかの予定を立てましょう。
進学や就職、転職や転勤などでの生活する不動産を移る場合には、学校の入学式や入社式や入社日、異動日までに間に合うよう引っ越さなければなりません。
賃貸住宅からの移転の場合には現在の住まいの契約期間や解約する日に合わせて、引っ越し日を調整する必要があります。
進学や就職、転勤などで引っ越しする人が増える3月などの時期は、混雑して希望の日程に予約が取れない場合があるので、なるべく早めに申し込むようにしたいものです。
引っ越し日の第一希望と、予備としての第二希望が決まったところで、荷物の確認をします。
引っ越し会社の手配にあたっては、料金の見積もりをしなければなりません。
荷物の量や移動距離、作業の手間などに応じて料金が変わりますので、インターネット上からできるオンライン見積もりにしても、電話やFAX等による見積もりにしても、荷物の種類やサイズ、個数や量を確認されますので、事前にリストアップしておくとスムーズです。
荷物の量はしっかり把握しておかないと、仮に少なく申告してそれより量が多かった場合には、実際の料金負担が大きく変わる場合があるので注意しなければなりません。
見積もりは1社ではなく複数の会社にとって比較することで、より安心のサービスをより安く利用することができます。
1社ごとに見積もりを取るのは大変なので、引っ越し業者の一括見積もりサイトを利用するのも便利です。
ただし、見積もりサイトによって見積もりが利用できる業者が異なります。
大手業者であればどのサイトでもたいてい見積もりができますが、地域密着の業者や個性的な業者も含めて検討したい場合には、どのような業者から見積もりがとれ、それぞれの業者はどのような特徴のサービスや特典があるのか、実際の利用者による口コミや評価はどうかを、業者ごとの説明ページで確認しておきましょう。
複数の見積もりをとって比較し、より望ましい業者を探し出します。
その中から1社または2社程度に、訪問見積もりを依頼しましょう。
荷物の量が少なく、限定的でネットや電話による簡易見積もりだけで十分把握できる場合は別として、実際に見て確認してもらうことで料金が確定でき、当日のスムーズな作業が期待できます。
訪問時には料金交渉もしやすいため、訪問見積もりを実施してもらい、交渉をして納得がいったら、正式な申し込みをしましょう。

不動産の購入や賃貸契約を締結したら引っ越し会社の手配を はコメントを受け付けていません。