新しい不動産へ転居するための引っ越し準備はスムーズに

賃貸住宅や新築のマイホームやマンションなど新しい不動産への入居が決まり、引っ越し会社の手配と引っ越し日時が決まったら、それに向けて準備に入らなければなりません。
荷造りまで全てお任せするプランを選んだ方は別として、ご自身で荷造りをされる方は引っ越し会社から無料サービスなどで段ボール箱が届いたら、普段あまり使っていない物から詰め始めましょう。
普段開けたことも見たこともないような押し入れの中や、今の季節は使わない季節家電などから荷造りしていきます。
もっとも、現在の家の中にあるものを全て新居に持っていく必要はありません。
長年見ていないもの、使っていないものの中には古くて使えないものや、不要なものもあるはずです。
使えないものは捨て、要らないものは誰かにあげたり、直ぐに売れそうならネットオークションにかけたり、買取業者などに買い取ってもらいましょう。
これにより荷物が大幅に削減できた場合には、引っ越し料金の見積もりに違いが出る場合もあるので、引っ越し業者に念のため確認をとりましょう。
引っ越し当日まで使うような食器類や鍋1つ、やかん1つくらいを残して、食器棚の中身も全て段ボール箱に詰めます。
衣類ダンスの場合、業者によっては衣類を詰めたまま運んでくれることがありますが、食器棚や本棚などの場合、中身は全て段ボール箱に入れて運び、重量が軽くなった状態で家具を移動させるのがスムーズだからです。
段ボール箱に詰める際は詰め過ぎに気を付けなければなりません。
まだ入ると次から次に詰めてしまうと、いざ箱を閉じたとき重くて持てないことがあります。
いくら引っ越し業者の方がプロであり力持ちであっても、重い物は重いわけです。
ほぼ手作業で搬出入を行いますので、スムーズに持ち運びができる程度の重さにとどめておきましょう。
また、段ボール箱はあり合わせのものやスーパーなどからもらうのではなく、なるべくなら引っ越し業者からもらったものか、サイズを合わせるのが望ましいです。
なぜなら、トラックに積みやすく作業がスムーズに進むためです。
新居でもこれまでと同じ状態で使いたいという場合、段ボール箱に詰め込む前に、食器棚や本棚の並びを写メに収めておくと後で並べるときに役立ちます。
当日まで使うお皿1枚やマグカップ、鍋1つや歯磨きセットなどは、新居でも直ぐに使う品です。
そのため、食器の箱や洗面具の箱などにわざわざ入れ直す必要はなく、最後に使い終わったら、「直ぐに使う物」箱を作ってまとめて入れ、引っ越し業者さんにも分かるように運んでもらいましょう。

新しい不動産へ転居するための引っ越し準備はスムーズに はコメントを受け付けていません。