住宅用不動産購入における住宅ローンの金利の種類について知ろう

土地や建物など不動産の購入には何千万円、数億円といったお金が必要になるため、一般的には全額現金で買うことはできず、多くの方がローンを利用します。
その代表格が、マイホームの購入時に利用する住宅ローンです。
銀行や信用金庫、信用組合などの民間金融機関で扱っており、それぞれの金融機関ごとに仕組みや金利設定などが少しずつ異なっています。
金利水準が一見、同程度に見えても、その金融機関で預金をしていたり、給与振り込みを受けるなど一定の条件を満たすと優遇金利が適用されるなど、各金融機関が競争しあいながら契約獲得を目指しています。

そういった事情を織り込み、私が広尾ガーデンヒルズを購入したときの体験談を交えてお話していきます。

住宅ローンにも種類があり、返済期間や金利の仕組みが異なっていますので、その時々の金融情勢や借りる金額、ご自身の年齢や収入や返済見込みなどに応じて最適な種類を選ばなくてはなりません。

固定金利型、変動金利型、選択型のほか、フラット35と呼ばれる長期固定金利型も登場しています。
固定金利型は返済期間中、最初に適用された金利がずっと続いていくタイプで、低金利の際にはメリットがあります。

これに対して変動金利型は金融機関が定める一定のサイクルに従って、利率がその時々の金融状況に応じて変わり、利息の額が増減するものです。
ただし、毎月の返済額は大きく増加しないよう、一定の調整が図られます。
変動金利型の選択がおすすめなのは、借りる時点で金利水準が高く、今後は下がっていくと予想されるときです。

逆に金利上昇が予想される際には、利息の負担額が増えていきますのでおすすめできません。
もっとも、金利変動について確実に予想するのは難しいので、金融機関や金融情報誌のアドバイスや、ご自身の考えで判断する必要があります。
選択型というのは一定の期間ごとに、固定金利か変動金利を選ぶもので、金融機関ごとに期間の定めも異なっています。
たとえば、今後、利率の低下が予想される場合にはまずは変動金利を選択し、その後、金利が下がった際の選択時に固定金利を選ぶことが可能です。
そのほか、一定期間、固定金利を適用し、期間経過後は変動金利に移行するタイプなどもあります。

広尾ガーデンヒルズのような1億円以上する高級物件の場合のローンは、フラット35では対応できません、詳しくはこちらをご覧ください・・・広尾ガーデンヒルズ

fudousan

まとめ

フラット35は、住宅金融支援機構と民間金融機関が共同して提供するローンであり、最長35年間にわたって、同じ金利が適用されるため、低金利の時にはメリットが高く、長期の返済計画も立てやすいのが魅力です。
これまで、長期での金利固定は金利上昇リスクがあり、民間金融機関では難しかったわけですが、公的性格を持つ機構のサポートにより、35年もの固定金利を実現させています。

住宅用不動産購入における住宅ローンの金利の種類について知ろう はコメントを受け付けていません。