賃貸不動産を契約するまでの流れ

不動産は、土地と住宅とに分かれます。
更に住宅の場合、戸建てとマンション、購入と賃貸という形に分けることができます。
ここでは、賃貸物件に焦点を絞って、契約までの流れを説明していきます。
まず最初に行うことは、どんな物件に住みたいのか、希望条件を整理することです。
そしてその条件を元に、物件探しをしていくこととなります。
情報サイトや住宅情報誌、折込広告、不動産へ直接行ってみる等、その方法はたくさんあります。
その中でも特にお勧めしたいのが、情報サイトの利用です。
条件に見合った物件を簡単に探せるメリットだけでなく、用意できる予算が妥当なものなのか、相場を確認することも出来るでしょう。
次に、気になる物件が見つかった後は、不動産会社との連絡を取ることとなります。
気になる物件の詳細情報を請求したり、その物件に似た物件を探してもらったりと、担当者があなたに代わって動いてくれるはずです。
そうして得られた情報を元に、実物を確認したいという物件が見つかれば、内見の手配をお願いすることとなります。
この内見の時も、事前にチェックすべきポイントを整理しておきましょう。
チェック項目をメモに記しておけば、それを順に確認していくことで、抜けのない確認ができるはずです。
また、第一印象も大切な要素です。
なんとなくこの家に住んでみたいであったり、この家での生活が自然とイメージできるようであれば、根本的な部分であなたに合っている物件なのかもしれません。
この二点を軸にして、貴重な内見の時間を有効活用していきましょう。
ここまでの行動を終えると、あなたが判断するタイミングとなります。
契約するのか、契約しないのかという判断を下す他、もう少し考えさせてくれ、もう一度内見させてくれ等、熟考させて欲しいという返事でも構いません。
ただしその際には、いつまでに判断できるのかを担当者に伝え、それまで保留することをお願いしましょう。
そして契約の意志を固めた時は、契約に向けた確認作業がこれからスタートしていきます。
改めて契約内容の説明を受け、それを確認していきます。
更に契約の際に必要となる証明書や印鑑等も用意する必要があるでしょう。
それらの準備が全て整えば、無事契約の運びとなります。
ちなみに契約内容には、いつから契約が履行されるという日程が記されていますから、その日を迎えるまで、引っ越しの準備を行ってください。
そして契約開始日を迎えると同時に引っ越しを済ませ、晴れて新生活を迎えることとなります。

賃貸不動産を契約するまでの流れ はコメントを受け付けていません。